テーマ:読書

となりにいるのは、だれ?

娘が学級文庫から借りてきました。 寒い冬にはちょっと不釣り合いな、ちょっぴりホラーな物語。 R.L.スタイン作の”Goosebumps(鳥肌)”シリーズの1冊 原題は"THE GHOST NEXT DOOR" 主人公は、小学校6年の女の子 ハンナ。 友だちはキャンプにいって誰もいない、退屈な夏休み。 ある日、空き家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜緒のふしぎ物語

娘(小6)が学校の図書館で借りてきた一冊。 主人公の菜緒は小学校4年生。 父の生家は、日本海の湾に浮かぶ小さな島にある。 いまは、祖父と祖母、そして ひいおばあちゃん である"さよばあちゃん"が暮らしている。 菜緒は休みの旅にその父の生家をおとずれ、大好きな さよばあちゃんと 不思議な体験をともにする。 それは、人が暮らし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いえでぼうや

理論社のフォア文庫版「いえでぼうや」 保育園・幼稚園年長~小学校低学年の子どもが主人公の作品が4編。 表題作の「いえでぼうや」の他、「ろくすけどないしたんや」、「うみにあるのはあしただけ」、「いっちゃんは、おしゃべりがしたいのにね」 どれも、幼いこどもの気持ちが柔らかくかかれています。 「いえでぼうや」 主人公マサトの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス プレゼントン

スズキコージの不思議で素敵なクリスマスの物語。 スズキコージといえば、わが家では「やまのかいしゃ」(これ、傑作です。ぜったいおすすめ。ですが、この作品については別の機会に)の作者!(ちなみに画は片山健という豪華なコンビ)という存在でしたが、この画はとても魅力的。 あとがきによると、1979年の2月、3月のヨーロッパの旅と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆきのねこ

昨日、冬休みになった娘と金沢市立泉野図書館へ行って来ました。 クリスマス間近ということで、キッズフロアにはクリスマスに関連する絵本や児童書が展示されていました。 その中の一冊がこの「ゆきのねこ」 絵のかわいさに惹かれて借りてきました。 まわりに誰もいない、もりのはずれにひとりでくらしている エルしー。あるひ、かみさまに「かわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちいさいモモちゃん

もう、いうまでもない名作です。娘も自分でいくつかは読んだことがあるようなのですが、一緒に読んだことはなかったので、泉野図書館で借りてきました。 私が出会ったのは小学校の4年位のとき、だからちょうど今の娘の年齢ですね。 12歳はなれた兄が結婚、ということで義姉ができ、男ばかりの兄弟のなかでは出会うことがなかっただろう本とであう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おでんおんせんにいく

先日、泉野図書館でかりてきました。スタンド展示してあったのに目がとまって、ちょっと中をみたら、とってもゆかいだったので・・・ お父さん「さつまあげ」、お母さん「たまご」、そしてその子どもは「ばくだん」という親子3人が、おでんしゃにのって、温泉ランドに行くお話し。 温泉ランドには「おでん風呂」「チーズフォンデュ風呂」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しらぎくさんのどんぐりパン

これも、娘が学校の図書館からかりてきました。2005年5月刊という、わりと新しい作品。 "さわこ"と"せいや"の姉弟が出会った不思議なおばあさん"しらぎくさん"。そして、その不思議なしらぎくさんの家には、たくさんのものたちが・・・ 子どもたちの時間、大人になると見えなくなるもの、に気付かせてくれる作品です。 この作品を読んで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

れいぞうこのなつやすみ

娘が小学校の図書館で借りてきました。 自分で選ぶとどうしても昔読んだ作品、定評のある作品になってしまい、なかなか新しい作品にふれることがないので、新鮮で貴重な機会です。 さて、この「れいぞうこのなつやすみ」、とても面白くおすすめの一冊。 題名のとおり、冷蔵庫が夏休みをとる、という奇抜な物語なのですが、冷蔵庫も、それを受け入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かいじゅうムズング

寺村輝夫さんといえば、なんと言っても「王様」シリーズか、「こまったさん」を思い浮かべるのですが、この「かいじゅうムズング」はちょっと異色な、しかしとても考えさせられる作品です。 「王様」は、ナンセンスで時にシニカル、大人が読んでも笑えて楽しいお話し。 しかし、この「かいじゅうムズング」、一言で言うと「恐ろしい」、です。 昔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰谷健次郎のどうわ4年生〈3〉:プゥ一等あげます

シンベェ先生と4年3組の子どもたちが、ともに助け合いながら、楽しく、真剣に成長していく姿が描かれています。4年生の前2作よりは、ちょっとユーモアがあり、幾分か気をはらずに読めます。しかし、それぞれが悩みを抱え、苦しみながらも、相手を思いやり、せつない場面もあります。 ぜひ、このクラスを覗いてみて下さい。 灰谷健次郎のどうわ4年生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰谷健次郎のどうわ4年生〈2〉:海になみだはいらない

主人公 章太と漁の師匠であるトクじじいとの交流、章太の兄が守り通した誇り、尊厳。 生きていく上で、人間として、ほんとうに大切なことは何か、語りかけてくれます。 これも、読みながら涙があふれて困った作品です。 海になみだはいらない灰谷 健次郎 角川書店 1998-04売り上げランキング : 83284おすすめ平均 Amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北極のムーシカミーシカ

読み聞かせやその他、読書の話題をYahoo!ブログで開設しようとしたのですが、ちょっと理由があり、ここにそんな話題を書いて行こうと思います。 さて、現在 夜 寝る前に娘(小3)と一緒に読んでいるのが、いぬいとみこ さん の 「北極のムーシカミーシカ」。 もう、私がどうのこうの言うことはないくらい、名作ですよね。 最近も、映画も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more