ちいさいモモちゃん


ちいさいモモちゃん


もう、いうまでもない名作です。娘も自分でいくつかは読んだことがあるようなのですが、一緒に読んだことはなかったので、泉野図書館で借りてきました。


私が出会ったのは小学校の4年位のとき、だからちょうど今の娘の年齢ですね。


12歳はなれた兄が結婚、ということで義姉ができ、男ばかりの兄弟のなかでは出会うことがなかっただろう本とであうことができたのですが、この「ちいさいモモちゃん」もその一つ。


かわいくて、すてきなんだけど、モモちゃんの切ない気持ちに胸がキュンとしたり、いまになるとお母さんの気持ちも共感できたり・・・


あらためて読んでみて、まったくふるくなっていないのに驚きです。


そういえば、モモちゃんの友だちの黒ねこも「プー」だったんだ!自分がいつからPoohをハンドルにしたのか忘れてしまったけれど、もしかしたら、このプーも記憶の片隅にあったのかもしれないなぁ。

ちいさいモモちゃん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック